ホーム > 生活 > マーケット

マーケット

「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを売り買いして利益を上げる投資です。

 

取引の価格は、いつも変動しています。

 

それがマーケットです。

 

インターネットでニュースをみていると、通貨の為替のニュースが流れる状況があります。

 

よくあるのが「現在のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を示しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを提示しています。

 

要するに、トレードには買値と売値の2つの値段が存在します。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表示する取引会社も存在しています。

 

いつもは買値よりも売値のほうが安価になるものです。

 

現実に買値は高く、売値は安くなるのが普通です。

 

その差分をスプレッドといいFX取引会社の収益のひとつといわれています。

 

スプレッドの広さはFX業者によって変化します。

 

スプレッドはみなさんにとって出費になるので低いFX会社をピックアップするほうが優位です。

 

ただ、同じFX取引会社でも場面によってスプレッドの狭さは広くなったり狭くなったりします。

 

もしも通常はドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの幅であるとしても、マーケットの動きがとても大きい状況では広くなったりする場面があります。

 

という事で、スプレッドが低いのと同様に変わらない事が大切です。

 

現在では決まったスプレッドの差を示すFX取引会社もいろいろあります。

 

リアルに取引業者の取引画面の中で実際のレートを見なければ区別できないのでわずらわしいですが、とても大事な事です。

 

多額の財産を使って売買をするのですから現実の注文の前に興味がある取引会社の新規取引口座開設をして、示されているスプレッドの狭さを確かめましょう。

 

同じ外貨でも、その場面での相場の状態によって、通貨のスプレッドの狭さは異なります。

 

一般的には、銀行間取引市場で取引量の多い通貨ではスプレッド幅が小さく別のペアではスプレッドの広さが広くなるのが普通です。

 


関連記事

  1. ある人の子供時代の腑に落ちない点

    知り合いの男性で複雑な育ち方をした方がいらっしゃいます。 両親とも離婚して次から...

  2. 結婚式フラッシュモブを頼みたい

    結婚式フラッシュモブを頼みたいと思っています。   サプライズとして、...

  3. 鶴ヶ峰の新築一戸建て事情

    相鉄線鶴ヶ峰周辺で新築の建売住宅を探している。   駅周辺の雰囲気はと...

  4. 集中して頑張るフラッシュモブ

    東京オペラシティフラッシュモブプロポーズみたいな フラッシュモブをお願いしたいな...

  5. マーケット

    「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを売り買いして利益を上げる投資です。 &nb...

  6. 思い出いっぱいの小さな小島

    学生時代にアメリカ・シアトル近くの 小さな島で2週間だけホームステイをしました。...

  7. フラッシュモブでプロポーズするためにかかる費用

    フラッシュモブでプロポーズするために かかる費用はどれくらいなんでしょうか。 &...

  8. 壁に耳あり???

    今日は久しぶりに、お友達と食事をして来ました。 お店に入った時は気がつかなかった...

  9. 色々出来るフラッシュモブ

    絶対に笑ってはいけない結婚式フラッシュモブを見ると、 フラッシュモブでも色々な事...

  10. テスト

    テスト記事です。...